Labospec
Shaft

わがままをちからに。

ヘッドは手、シャフトは腕―。
クラブを腕の延長として考え、ゴルファーのフィールを大切にしてきたオノフ。
シャフトメーカー以上にシャフトにこだわり、クラブメーカーとしてヘッドとシャフトのバランスを追及してきたオノフだからこそできるカスタムシャフト。それぞれのゴルファーに最適で気持ちよくスイングできるクラブをシャフトフィッティングでお届けします。

WOOD用シャフトすべてに東レ株式会社の
「ナノアロイ®テクノロジー」を使った新素材を採用。

DAIWAのカーボンテクノロジーによる高度な設計レベルに加え、東レ株式会社の「ナノアロイ®テクノロジー」を使った新素材をWOOD用(ドライバー、フェアウェイウッド)シャフトすべてに採用することで、設計自由度を高め、ゴルファーのニーズにこたえるしなり感、ねじれとインパクト時のブレを抑えるONOFF LABOSPECならではのシャフトを開発しました。

for Wood

HASHIRI :50 CBT/60 CBT

重ヘッドの性能を最大限生かす
HASHIRI CBT。

重ヘッドに最適な手元部を重くしたCBTシャフト。先端のはしり感と手元のしっかり感を両立。ボールがつかまり、ドロー弾道で飛ばしたいゴルファー向け。

HASHIRI :40/50

大きなしなりでヘッドがはしり
高弾道で大きく飛ばす。

手元部急テーパーによるスリム効果で、ムチのような大きなしなりとすばやいしなり戻り。ボールの上がり、つかまり求めるゴルファー向け。

HASHIRI :60

ヘッドをはしらせ高弾道で大きく飛ばす。

先端のはしり感と手元のしっかり感を両立。ボールがつかまり、ドロー弾道で飛ばしたいゴルファー向け。

SHINARI :50 CBT/60 CBT

重ヘッドの性能を最大限生かす
SHINARI CBT。

重ヘッドに最適な手元部を重くしたCBTシャフト。全体がしっかりしているので、しなり方にくせがなく、操作性が高い。ストレートな弾道で飛ばしたいゴルファー向け。

SHINARI :50/60/70

くせのないしなりで大きく飛ばす。

全体がしっかりしているので、しなり方にくせがなく、操作性が高い。ストレートな弾道で飛ばしたいゴルファー向け。

TATAKI :50 CBT/60 CBT

重ヘッドの性能を最大限生かす
TATAKI CBT。

重ヘッドに最適な手元部を重くしたCBTシャフト。手元の粘り感と先端のしっかり感を両立。方向性安定性に優れ、叩いても左へのミスを抑える。

TATAKI :40

軽くても、しっかり叩いて大きく飛ばす。

軽量でも頼りなさや、不安定さを感じさせない。軽量だからしっかり振り切り、ヘッドスピードアップで飛ばせる。

TATAKI :50/60/70

安心して叩けるからもっと大きく飛ばせる。

手元の粘り感と先端のしっかり感を両立。方向性安定性に優れ、叩いても左へのミスを抑える。

for Fairway Wood

HASHIRI :f50

大きなしなりでヘッドがはしり
高弾道で大きく飛ばす。

HASHIRI:40・50との組み合わせに最適。ムチのような大きなしなりで、ボールが上がりつかまる。

SHINARI :f50

軽くても、しっかり叩いて大きく飛ばす。

TATAKI:40との組み合わせに最適。軽量でも低トルクで、頼りなさや不安定さを感じさせない。

for Utility

SHINARI :u70

手元がしなりすぎず、適度な重さがあって
しっかりと打ち込める。

くせのないしなりの中調子シャフトでやさしくはじき、適度につかまり、ボールが上がる。

for Iron

SHINARI :i65/i80

重量帯別に2種類をラインナップ。

カーボンシャフト特有の頼りなさを抑え、しっかり振ってもあたり負けせず、スチールシャフトにはない飛距離性能を発揮。番手別にウエイトフローさせた番手別専用設計。

Repulsion kick :ST90/ST105

しなって、はじく高度番手別スチールシャフト。

「しなって、はじく」をコンセプトに開発された高精度番手別設計スチールシャフト。手元部は剛性が高く「しっかり感」が得られ、先端部は逆に「しなり感」を出すことで、シャープな振り抜きとヘッドの加速度が得られます。